ナナフシギ以外のゲーム制作の状況も、こちらにまとめる事にしました。
タイトルは、そのままですが、キニシナイ・・・( ==)

乙姫の花笠ゲーム開発室 ほんのり乙女ゲー
ナナフシギ開発室 いつか見た夢

■■■■■■ご意見・ご感想、その他もろもろ、こちらからどうぞ■■■

↓生存確認は、こちらでどうぞ↓
RSS widget

2015年08月03日

また余計な事してます……

ペロンと出来そうだと思っていた桜井の話が、
予想外に難航。
動いてくれるだろうと思っていたキャラが、予想外に使えない奴でしたー!

もしかして、自分が物書けなくなってるだけなのか?
と思い試しに、みのり主人公(相棒は金子)で話を書いてみたら、
スラスラ書けてしまいました。

そのまま吉里吉里で作れば良かったのですが、
前に途中まで(遊びで)作っていたツクールVXの存在を思いだし、
もしかしてコレで作れないかと思い、
手を出したのが間違いでした(>_<)
吉里吉里で作ればペロンと完成な規模のプロットが、
無駄に歩ける分だけやらなくてはいけない事が、
雪山を転げ落ちる雪玉のように増えてきてしまったのです・・・( ==)
2.jpg

そうならない作り方も出来るのです。
進行全てをアドベンチャー形式にすればいいんです。
でも、RPGな画面で自動進行ばっかりって嫌じゃない!
自分で歩きたいじゃないー!!
力つきずに作れたらフリー公開する予定ですが、
いまいちイベントの組み方が理解できていないので、
何もかも投げ出して、吉里吉里で公開なんて事に!
ならないとは言い切れません・・・( ==)
1.jpg
ツクール使ってますが、PRG的なバトルはありません。
というか、学校から外に出るまでの話です。
でも、脱出ゲーと言う訳でもありません。
無駄な事を楽しむゲームです。
したがって、無駄な事をしなければ、
ちっとも楽しくないゲームです(多分)


posted by ゆかりゆか。 at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | VX制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

縦書きセット

素材ページの吉里吉里2KAG3でゲームを作りたいの一式に
縦書き640*480を追加しました。
横書きとは違って、ウィンドウ色は白。
文字は黒になっています。
800*600サイズの公開予定はありません。


posted by ゆかりゆか。 at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 吉里吉里素材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

ファンタジー向立絵(線画)

デジタルノベル用に描いた
画像を、立ち絵素材として公開しました。
使いどころがあるかどうかは判りません・・・( ==)
posted by ゆかりゆか。 at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 立絵素材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アップしました

デジタルノベル
午前2時の女
Second.
アップしました。
posted by ゆかりゆか。 at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタルノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

悲しいお知らせがあります

またPCが……ではなくて、
ナナフシギのプロットが見つかりません・・・( ==)
立絵データも見つかりません・・・( ==)
プロットは、大掃除の際、無くさないようにと避けておいた
レポート用紙の中に見当たらず、
立絵データは古いPCのバックアップデータに残っていると思っていました。
それが、全部ないよ・・・( ==)
ノートPCの中にもないよ・・・( ==)

プロットなんぞ、あってもなくても作れなくはないのですけど、
絶対、初めに考えていた内容と変わっているんだよ。
だって、ない状態で書き進めていたところ、
分岐で話が3つになりそうなんだもん(>_<)ノいや〜ん
これは神の啓示と取るべきか悪魔の邪魔と取るべきか・・
悪魔に邪魔されていると思うと腹が立つので、
作らないと言う選択肢はありませんが、
なんかもう、どうしよう(>_<)
桜井の話書いちゃっても良いかしらーっ!
そもそも、コレ桜井が主人公なのよ。
ホントはナナフシギが番外なんだよ。
っと、悔しいので心情を叫んでみる。

悪魔の話のお手伝いばかりしていたから、
呪われてるのかしら・・・( ==)
posted by ゆかりゆか。 at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
サーパラマーケット